スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテ】ココドラン(ヒサカさんのパーティ)考察

ココドラドランラティアストルネロスローブシンブルンゲル
突撃隣のパーティ考察第2弾!!

続きを読む

スポンサーサイト

【ローテ】雨ちんまんパーティ解説

ニョロトノモロバレルパルシェンキングドラジバコイルトルネロス
雨+モロバレル+パルシェンのパーティの解説

続きを読む

【ローテ】ラティエンペ

ラティオスエンペルトウルガモススイクンテラキオンガブリアス
あさりさんのパーティの考察

続きを読む

第2回ヌオーかわいいよ杯雑感

優勝パーティについての雑感等。

優勝したパーティはこちら

ブルンゲルモロバレルパルシェンガブリアスヤミカラスジバコイル

ちんまんパ+長野スタンみたいな構築。
割と目を引くのはジバコイルですね。バレルパルシェンの弱点のキッス耐性、ガブカラスの弱点の氷の一貫を対処しつつ攻撃面ではブルンスイクンの突破ソースとして機能できるようになっているなど割と綺麗にまとめていると思います。
ただ、ちんまんの弱点であるヒードランやバンギラスの耐性を補完しきれていないのが気になる点。
鋼枠がジバコイルなのでラティオスが少々重いのも気になります。
この辺は数が多いので択での処理に甘えに行きたくないかなーとは思いました。
ちんまん入れてるんで仕方ないんですけど。

パーティの方針としてはガブリアスパルシェンの2強エースでの全抜きゲーと言ったところでしょう。
選出時からガブパルシェンの強烈な二択を仕掛けていける構築になっています。
また、この2匹は耐性面でもシナジーを作れているのでパルシェンをエースに立ててガブを非エース運用みたいな形も取れたりできますね。
ただし、この2匹以外の攻撃ソースがかなり不安定となっているのでエースをかなり大事にした立ち回りが必要とされると思います。

今回ブルンゲルのトリルは切っていたようですが、ジバコも攻撃に参加させる形を考えたり、バレルの柔軟な運用を考えるとトリルは切りにくいと感じます。
特にスペースに困ることもないと思うんで個人的にはブルンはトリル入れてていいと思いました。

また、全体的に対雨パが厚めであり、択も多いのでヤミカラス→トルネロスの方がすっきりしそうな印象。
対雨パの択の悪戯心日本晴れを切ることになりますが、切っても困らない程度に耐性ありますし、不安な攻撃要素の面も補完できますね。


ここまで色々書いてみましたが全体見ての完成度は高めだと思います。
私も先日から検討しているのですが、ガブパルシェンの2枚エース両立をここまで形にして結果を残しているのは素晴らしいですね。
ただ、自分で考えていたガブパルシェン入りの煮詰め切れていない点がそのまま残っているので今回のこのパーティを参考にしつつ案を煮詰めさせてもらいたいと思います。

最後になりましたが優勝したハインさんはおめでとうございます。



【ローテ】バレルパルシェン解説

最近多めに記事を書いてきたバレルパルシェン(ちんまんパ)ですがようやくある程度見れる物になってきたと思うので詳細解説。
今回はスタンとして形にしたものを解説させて貰います。

モロバレルパルシェンサマヨールカビゴンさんだーぐろす

モロバレル
実数値:221-*-91-105-145-31
持ち物:黒いヘドロ
構成:日本晴れ/ギガドレイン/キノコの胞子/身代わり

催眠での起点づくりを意識して動かします。
特にパルシェンの襷を守るのが主な仕事になるでしょう。
トリルからの催眠が主になるかと思いますが高耐久なので打ち合わせての後攻催眠も強いです。
耐久はサンダーの珠10万を身代わりがちょうど耐えます。
B寄りの配分にしたい場合はラティオスの珠ショックまで耐えると良いと思います。
最遅である必要性はそこまでないのでSはもう少し高くても問題ないと思います。
ナットレイを重く見る場合はめざ炎の採用も検討。
雨に睨みを効かせるために今回は日本晴れを採用しています。

パルシェン
実数値:125-147-200-106-58-134
持ち物:気合の襷
構成:氷柱針/ロックブラスト/殻を破る/ハイドロポンプ

このパーティのエースポケモンです。
そして恐らく選出回数が最も増えるポケモンです。
ある程度単体でも運用を効かせられるのでコンボ意識の選出をしなくても仕事をしやすいです。
基本的には襷を消費しての積みになると思いますが、モロバレルとのコンボを意識する場合は襷を守る立ち回りを心がけると良いと思います。
不意のスカーフやミラーに備えてS補正ですがA補正でも問題ないと思います。
ハイドロポンプ枠は氷の礫等でも可。その場合余りの4はA以外に回しましょう。

サマヨール
持ち物:進化の輝石
構成:ナイトヘッド/金縛り/トリックルーム/痛み分け

Sギミックとしてトリルからモロバレルを動かします。コンボの中軸。
ナイトヘッドでパルシェンの氷柱針やカビゴンの恩返しの圏内に入れるのも仕事になります。
スカーフカイリキーストッパーとしての役割もあるので金縛りをいれています。
カイリキーストップ以外にもキッスのエアスラやら襷を潰しに来る先制技やらを潰せるなど用途はかなり広いです。
配分は考えてないので書いてません( 自分はHDみたいなので使ってました確か。

カビゴン
持ち物:カゴの実
構成:恩返し/地震/鈍い/眠る

トリル下のエースです。
カビゴンエースの第一波からトリル切れからのパルシェンエースの第二波みたいな回し方を意識してます。
が、実際はカビ選出の際はサマヨールモロバレル等と並べることが多く、トリパ意識が強くなると思います。
サンダー、ラティ、パルシェンに強いので普通の択ゲーのカードとしての選出になることもあります。
ナットレイを重く見るなら地震を炎のパンチに変えてもいいかもしれないです。
配分は考えてないのでry

サンダー
実数値:165-*-105-194-111-152
持ち物:残飯
構成:10万ボルト/熱風/めざめるパワー氷/身代わり

ブルンスイクンを少ないターンで突破できるソース。
また、唯一の浮いてるポケモンということもあり対地面も見てます。
高速移動があまりに腐るので対零度スイクン等を見れるように身代わり残飯にしました。
配分は珠サンダーの使い回しなのでCSに振り切ってます。

メタグロス
実数値:182-203-150-*-110-98
持ち物:シュカの実
構成:思念の頭突き/アームハンマー/冷凍パンチ/バレットパンチ

対砂パとしてのカード。鋼枠の補完もしてます。
一応役割としてそれっぽいものは与えてますけど実際のところサンダーグロスの補完範囲の広さを見てる部分があります。
配分、構成は使い回しです。
もうちょっと耐久振ってもいい感じはありますね。



解説
基本的にはモロバレルパルシェン+1での選出になると思います。
個別でも書きましたがとにかくバレルパルシェンを意識する場合はパルシェンの襷を残したいです。
襷を残せなくてもバレルの催眠は非常に優秀で、打ち合えないはずの相手を強引に潰したりできるので勝ち筋が残りやすいです。
とにかくパルシェンエースとしての勝ち筋を途絶えづらくしている感覚のパーティだと思います。
サマヨールはナイトヘッドの削りが優秀でナイトヘッド→破った氷柱針でナットレイなどを落としに行けたりカビゴンの鈍い恩返しの確定圏内に入れたり攻撃面での補完ができています。
グロスサンダーは補完で入れた意味合いが大きいのですが、そもそものスペックが高いので割と選出はしやすいと思います。





カウンター
プロフィール

ぐれい

Author:ぐれい
所在地:長野
ローテーションバトルの考察メインで書いてます。
4世代はS66ユーザーでした。

ニコ生コミュニティ
twitterID:nandeglay

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。