スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテ】トゲキッス

ローテのトゲキッスについて考察でもしてみます。

キッス

現在の傾向
現在主流の構成について。
Sは最速、実数値145でほぼ確定。スカーフで217。ミラーも想定しやすいので最速は切れませんしS切ってまで耐久降るメリットもないでしょう。
Cもぶっぱが多い傾向。できるだけ削って他で全抜きっていう立ち回りにすることが多いからだと思います。
エアスラッシュ、トリック@スカーフまではほぼ確実。拘ってないのは本当に極稀にしか見ない。
残り2枠は大文字、波動弾、電磁波、追い風辺りから選択されている感じでしょうか。

雨パの飛行枠としてトルネロスとの選択になるポケモンでもあります。
ただ、悪戯雨や追い風、暴風などトルネの方が優秀な面が多いため押され気味。それでも入手難易度やボルトを採用したときなどを考慮すると今でも十分採用される可能性はありそうです。

また、とにかく仕事をしやすいルールなのでスタンに思考停止で放り込まれていることも多いです。
トリックである程度トリル交えた構築などの牽制も兼ねられるのも魅力。

他にもココドラ牽制できたり怯み強いのでローテの超便利ポケモン。

対策
一番の対策はボルトロス。エアスラで身代わりが壊れない程度まで耐久に振る必要が有りますが少量で済みますしトリックに対する牽制も兼ねられる最高の対策になります。
ただ、構築に入れやすいポケモンとは言い難いので基本的には飛行技を一貫させないことで対策するべきだと思います。
怯みの発動率を考えると電気や鋼で一環しづらくして選出しにくくするのが一番安全ですし。
そういったパーティ構成でない場合は上から叩くのが鉄則になります。追い風やスカーフなどで何かしら上から潰せる要素は欲しいです。
追い風or電磁波ヤミカラスやKMRサンダーなどがいると選出されても割と対処が楽になります。
また、エアスラを意識するあまりトリックを一貫させてしまう状況も作られがちなので選出時には注意が必要。S98グロス等はトリック意識の配分になりますね。
他にも拘りに対して呪われボディや金縛りで悪あがきを誘発しにいくこともあります。

まとめ
・基本は最速@スカーフ
・対策はできるだけ上から殴る
・パーティは飛行を一貫させない

大会でのKPはあまり高いとは言えないポケモンですがなんだかんだで遭遇率は高いポケモンですし、このルールを象徴するポケモンと言えるとまで思ってます。
ローテパはこいつの対策から入って組み始めてもいいぐらいなんで絶対対策は怠らないようにしましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ぐれい

Author:ぐれい
所在地:長野
ローテーションバトルの考察メインで書いてます。
4世代はS66ユーザーでした。

ニコ生コミュニティ
twitterID:nandeglay

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。