スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテ】ラティエンペ

ラティオスエンペルトウルガモススイクンテラキオンガブリアス
あさりさんのパーティの考察
元の記事はこちら

ラティオス@眼鏡
流星群/サイコキネシス/竜の波動/トリック

エンペルト@ゴツゴツメット
ハイドロポンプ/凍える風/草結び/アクアジェット

ウルガモス@食べ残し
大文字/虫のさざめき/蝶の舞/身代わり

スイクン@オボン
熱湯/追い風/日本晴れ/凍える風

テラキオン@スカーフ
ストーンエッジ/インファイト/聖なる剣/二度蹴り

ガブリアス@襷
逆鱗/ダブルチョップ/地震/剣舞

種族値を高めに固められたパーティというのが第一印象。
かなり攻撃要素が多く、反面スイクン以外に広範囲受けのポケモンを持っていません。
一見脆く見える構成ですが個々の相性補完がかなり意識されており、それぞれのポケモンの潰しタイプに対して確実に耐性とアタックソースが用意されています。
また、タイプ補完に加えて技方面でのシナジーもかなり重視されていて、ラティエンペの並びではエンペルトの凍える風でラティ同速やトルネに縛られたラティがトルネを逆に縛り返したりと並びが強く意識されていますね。
他にもガブ+スイクンの追い風剣舞逆鱗のコンボや、ウルガブなど選出パターンも豊富に考えることができるため、相手のパーティに合わせて柔軟に解答を導くことができると思います。
並びの強さ以外にも全体的に種族値やスペックの高いポケモンが多く、独立した動きがある程度保証されているのも立ち回りの幅の広さにつながりますね。

気になる点としてはココドラ耐性の低さがあげられます。
ピンポイント突破ソースとしてガブリアスのダブルチョップやテラキオンの二度蹴り、エンペルトのゴツゴツメットがあるものの、きのみジュースココドラには確実に1ターンの安定行動を許してしまうため不安があります。
また、ブルンゲルの突破ソースが少々薄いのも気になります。
トリックルームの耐性が低いためブルンゲルに薄いのはどうしても気になってしまいます。

また、全体的に択が前提になっているので特に対雨で択外してスイクン落ちた時など、一部崩れたときに一気に崩れるみたいな展開が怖そうです。

ちなみにもし、自分でラティエンペ構築を使うとしたらこんな感じ

ラティオスエンペルトフシギバナパルシェンさんだーテラキオン
ラティオス@命の珠
エンペルト@風船orゴツメ
フシギバナ@ヘドロ
パルシェン@襷
サンダー@残飯
テラキオン@スカーフ

ラティエンペの補完範囲に期待しつつ雨、ココドラへの解答としてバナパルシェンを採用してみました。
若干本家より薄い範囲あると思いますが広く浅くって感じで。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

( ´>‿ゝ◔‘)<さすがバッハ殿ですな

No title

>あさり

No title

他人のパーティーの考察なんてすごいですね!!
さすが

バッハ殿

言ったと
ころでしょ
うか

No title

>バッハ星人さん
はい
カウンター
プロフィール

ぐれい

Author:ぐれい
所在地:長野
ローテーションバトルの考察メインで書いてます。
4世代はS66ユーザーでした。

ニコ生コミュニティ
twitterID:nandeglay

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。