スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラティオス→ハッサム

ラティオスの後ろからハッサム投げるプレイングについて。
どういうことかというとラティを繰り出した際に流し際に後ろからハッサムを投げる。
ラティの高い流し性能と呼ぶ相手のピンポイントさを生かしたプレイングです。

ラティの呼ぶ相手
ソーナンス
ハピナス
ハッサム
バンギラス
メタグロス
ヒードラン

この辺りになります。

ヒードランとハッサム以外に対してはハッサムでアド取りに行くことができますね。
ヒードランが出てきた際はナンス出して狩れば後々ラティが動きやすくなりますしハッサムに対しては個体値いじってS下げておけば蜻蛉でアド取れます。

他の相手には交代を強制しつつ蜻蛉を打てるため蜻蛉での負荷をかけつつアドをとることができます。
蜻蛉での負荷や相手に交代を強制させることを考えると持ち物は鉢巻きにし、事前にステロを撒いておくことがベストです。

とにかく読みのリスクがほぼ皆無なプレイングをできるため蜻蛉は強いですね。
さらにこのプレイングはハッサムに負荷をかけずに行えるためハッサムを繰り出せる回数も増えますね。

とにかく低リスクでアドを取れるプレイングということです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ぐれい

Author:ぐれい
所在地:長野
ローテーションバトルの考察メインで書いてます。
4世代はS66ユーザーでした。

ニコ生コミュニティ
twitterID:nandeglay

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。