スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローテ考察6

今回は対戦用のローテーションパーティの簡単な構築論的なあれ。
今のところ考えてる組み方とか自分の考え晒してみます。

あくまで意見発表程度のものなので意見とかあったら積極的にコメくださるとありがたいです!!!

読み合いの回避
まずローテーションバトルをするうえで必然的に生じてくるのが読みあいになります。
4世代までの既存のルールと比べ圧倒的に高頻度で安定行動が存在せず、読みあいを強いられる場面が訪れます。
レーティングなどで安定して勝ちを収めるためにはこれをできるだけ回避するところから入るのが手早いと考えます。
要するに安定行動を取りやすくすること前提でパーティを構築するってことですね。
序盤から中盤にかけてはできるだけ低リスクで安定行動を繰り返しつつ地味に負担をかけられるように意識した方が安定しそうです。
例をあげてみると怒りの前歯。
これはゴーストタイプ以外に一貫してダメージの入る技です。
よって比較的安定行動として使用しやすくなります。
他にもパーティ全体の打ち合い性能を底上げすることで読みを外した際のリスクを低減するなども安定した行動につながります。
ローリターンでもいいのでローリスク行動を心がけたパーティにしようってことですね。

勝ち筋
読み合いの回避の観点から見てもかなり重要な位置を占めるのがこの勝ち筋。
ローテだとほとんどの場合勝ち筋=全抜きと考えていいと思っています。
安定行動を繰り返し負担をかけ、全抜きに行くというのは割とシンプルかつ確実な勝ち筋ですね。
勝ち筋、いわば抜き筋はパーティ構築の際に複数考えておくことで意味を為します。
そのパターンに持ってくれば勝てる、という状態を複数用意することでいずれかの展開に持ち込むめば勝ち!というふうにすればいいわけですね。
例をあげてみると前記事で書いたように水浸しパーティとか。
水浸しで相手に電気技を一貫させるという展開まで持ち込めれば電気技での全抜きという勝ち筋が望めるって感じです。
先に自分の展開に持ちこめた方が勝ち、という感じもあるので上記で書いたような安定行動ばかり取っていると競り負けそうなのでその辺はパーティ構築のセンス、読みセンスとか個人の技量が問われるところでしょうか。

勝ち筋を固定するということはある程度選出も固定され、自分でもパーティの回し方を安定させることができます。
それが勝ちの安定に直結するわけですね。

とりあえず安定した勝ち筋とそこに至るまでの展開を作ることを意識したパーティが安定するよねってことです。当たり前だけど(⌒,_ゝ⌒)



とりあえずざっとまとめてこんな感じ。
文章が破綻気味なのは文章力がないからです(;;⌒,_ゝ⌒)
意見はどんどんくだしゃーい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ぐれい

Author:ぐれい
所在地:長野
ローテーションバトルの考察メインで書いてます。
4世代はS66ユーザーでした。

ニコ生コミュニティ
twitterID:nandeglay

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。